妥協しないポイントを決めて快適に暮らそう

>

耐震性はどうなってる?

このコラムをシェアする

活断層の位置

立地などを見るととても便利そうで、他の条件もまぁまぁ良いとなると、物件をすぐに決めてしまうという方も多いかと思います。
ここで見落としがちなのが、耐震性です。
近年、大きな自然災害が頻発しています。
中でも地震は、あと30年以内に大きな首都直下型地震が起こるとの予測もされています。
しかしこれはあくまでも予測ですから、早まることも遅くなることもあります。
地震が起きた時、地面による被害が起きやすいのは活断層付近の家々です。
物件を選ぶ際、その物件が活断層の上にあるかどうかを気にするという方が多いのです。
ただ、実際に調べて選ぶ人というのはそこまで多くはないようです。
しかし、活断層がどこにあるかを示したマップは無料で公開されていますから、一度確認してみるのも良いかもしれません。

地震が起きると予測されている地域

30年以内にマグニチュード7程度の強い地震が起こると言われている地域に住むかどうか、というのは比較的意見が分かれている条件です。
仕事などでどうしてもその地域に住まわざるを得ないという方もいらっしゃるので一概には言えませんが、そういった予測がなされている地域はできれば避けたいという意見も多数ありました。
都内に住むのであれば、妥協してもよいと考えている人は多そうです。

そんな物件あるの?と思うかもしれませんが、たまに壁にヒビが入っているという物件もあります。
そのことにはあまり大きく触れずに売り出すような業者もいますから、注意が必要です。
築年数の古いような物件ですとより不安になりますよね。
実際に見に行けるのであれば物件を自分で確認し、妥協しないようにした方が安心です。